コスパ最強のブランクデッキ!おすすめブランドはこれ!

コスパ最強のブランクデッキ!おすすめブランドはこれ!

57922 view コメント 0

更新 2020年9月25日

コスパ最強のブランクデッキ!おすすめブランドはこれ!

今回はコアなスケーターにおすすめしたいブランクデッキのすすめについて書いていきます。

デッキに掛かるコストはスケーターの悩み

デッキのコストはスケーターの悩み・・・

スケートボードは消耗品であり、ギアの買い替えが必要です。
本格的に使い続けるには、それなりのランニングコストが掛かります。
中でももっともコストが掛かるギアはデッキです。
消耗のペースは激しく、プロのスケーターなら月に数枚換えることも。
デッキは、決して安いものではなく約1万円ほどするため、デッキに掛かるコストはスケーターの悩みのひとつといえるでしょう。

デッキはなるべく交換しよう!

上達を目指すなら状態の良いデッキを使おう!

スケーターの中には、テールが大きくすり減ったボロボロなデッキを使っている人も見かけます。
しかし、シェイプも変形したようなデッキで練習していてはスケートの上達は遅くなります
スケートの上達を目指すのであれば、ある程度劣化した時点での交換が大切です。

ブランクデッキとは?

ブランクデッキとは

"ブランクデッキ"とは、グラフィックが描かれていない無地のデッキのことをいいます。
普通のデッキには裏面にブランドごとの特徴を表した絵がプリントされていますがブランクデッキは何も描かれていません。
その分、製造コストが抑えられリーズナブルな価格となっているのが最大のメリットです。
通常のデッキの7割くらいで購入できるためスケートに掛かるランニングコストを大幅に抑えることができます。
スケーターの声から生まれ、コアなスケーターにとって必需品ともいえます。

スケーティングには影響なし!

コストを抑えるならブランクデッキを!

ブランクデッキは、品質も低い?」と思われる人もいるかもしれません。
スケートメーカーが販売しているブランクデッキは、普通のデッキと同じ品質となっています。
しっかりとした耐性に、キックやコンケーブもありスケーティングには一切影響はありません

ブランクデッキを選ぶときの注意点

ブランクデッキを選ぶときのポイント

ブランクデッキといっても、さまざまなものが販売されています。
中には素材や質が悪く耐久性が劣るものもあるので注意が必要です。
以下ではブランクデッキを購入する際のポイントを解説していきます。

メイプル素材を選ぶ

素材に(カナディアン)メイプルを使用しているデッキは耐久力や性能も高いものとなっています。

スケボー専門店の商品を選ぶ

スケボー専門店で販売されているブラングデッキは、スケートブランドのデッキを扱っているので安心できます。

SK8Naviおすすめのブランクデッキ

以下ではSK8Naviが厳選したおすすめのブランクデッキをいくつかご紹介したいと思います。

SDSブランクデッキ

SDSブランクデッキ

人気ショップsunabeで扱われているSDS社製のメイプル7枚合板の高品質デッキです。
適度なコンケーブとキックはストリートからパークまで幅広く対応しています。
豊富なカラーとサイズが用意されているので自分にあったものを選べます。
4つのブランドのデッキテープが選べるのもうれしい点です。

REVEL ROYAL(レベルロイヤル)ブランクデッキ

REVEL ROYAL(レベルロイヤル)

100%メイプルウッドを使用したブランクデッキです。
強力なプレスでチップ&ツイストを遠ざけてくれます。
良質ながらかなりの低価格となっておりコスパは抜群です。
6タイプのサイズから選ぶことができます。

MINI LOGO(ミニロゴ)デッキ

MINI LOGO(ミニロゴ)デッキ

MINI LOGO(ミニロゴ)は、大手パウエルのセカンドラインとなるブランドです。
コストパフォーマンスを重視した製品展開をコンセプトにしています。
一流メーカーのクオリティのデッキをお手頃価格で購入できます。

ブランクデッキをデコレーションしよう

ステッカーでデコレーションする

グラフィックがないブランクデッキはやはり見た目が寂しいのがネックです。
そこでブランクデッキに少し手を入れてアレンジしてみるのもおすすめです。

ステッカーでデコレーションする

スケート関連の商品を買えば時々付いてくるスケートブランドのステッカー。
知らないうちにたくさん貯まっていることも。
そんなステッカーを有効活用してみましょう。
グラフィックデッキとは違うレトロな雰囲気が出て味のあるデッキに仕上がりますよ。

ペイントでデコレーションする

スプレーやペンキを使ってにペインティングでデコレーションしてみましょう。
ペンキで描く方法と、型抜きを作ってラッカースプレーでペインティングする方法があります。
スケボーでアートを楽しむことができるのが魅力です。

まとめ

以上ブランクデッキについて解説していきました。
デッキのグラフィックを選ぶのもスケボーの楽しみではありますが、技術を磨くことを優先するならブランクデッキはメリットある選択です。
どうぞ参考にしてみてくださいね!

ご自由にコメントをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめコンテンツ

ページの先頭に戻る