スケートボードの3つのタイプの特徴と楽しみ方!

25179 2018.08.28 2021.6.1

スケートボードにはいろんなタイプがあるぞ。「(ショート)スケートボード」、「ロングスケートボード」、「クルーザー」の3つのタイプに分けて解説しよう!

スケートボードの3つのタイプの特徴と楽しみ方!

スケートボードはいろんな種類がある!

一言にスケートボードといっても実はいろんなタイプが存在するぞ。
これからスケートボードを始めたいと考えている人にはどれを選べばいいか迷うことも多いだろう。
今回はスケートボードのいろんなタイプについて解説してこう。

大きく分けると3タイプがあるぞ!

スケートボードのタイプは、大きく3つの種類に分けることができ、"(ショート)スケートボード"、"ロングスケートボード"、"クルーザーボード"の3タイプに分かられる。
それぞれのタイプによって楽しみ方などが違ってくるのでスケートボードの購入を考えている人は参考にしてほしい。

(ショート)スケートボード

ショートスケートボード

(ショート)スケートボードは、もっとも普及している定番のスケートボードだ。
一般的にスケートボードといえばこのタイプをいい、オリンピックなどでも使用されるものとなっている。
トリックの繰り出しやすさが最大の特徴で、デッキの両端が反り返って表面には滑り止めが貼られている。
ストリートでもパークでも場所を選ばず使え、オールマイティーに楽しむことができるぞ。

(ショート)スケートボードの参考動画

(ショート)スケートボードはこんな人におすすめ!

(ショート)スケートボードは、もっとも一般的なスケートボードを選びたい人や、初めてスケートボードを購入する人でどれがいいか分からないという人におすすめだ。
またスケートボードでトリックも繰り出したいという人にもイチオシだ。

良いところ
  • さまざまなトリックが繰り出せる
  • パークでもストリートでもオールマイティーに使える
悪いところ
  • デッキやウィールなど消耗が早い
  • 基本的に滑走音が大きい

(ショート)スケートボードを購入するときの注意点

(ショート)スケートボードは購入する時に注意して欲しいことがある。
それは、必ずスケートブランドのものを選ぶことだ。
格安のノーブランドのスケートボードは、見た目は同じでも滑走性能や耐久性が大きく劣るものが多い。
本格的にスケートボードを始めたい人はやめておこう。

(ショート)スケートボードの適正価格は?

正規のスケートブランドのコンプリートデッキなどの価格は約9千~2万円くらいだ。
それ以下の安すぎるスケートボードはやめておこう。

(ショート)スケートボードを探す

ロングスケートボード

ロングスケートボード

ロングスケートボードは、その名のとおり長くデッキを備える大型のスケートボードだ。
基本的にデッキの長さは1m以上あり、安定感があるため初心者でも楽しみやすいスケートボードだ。
乗り心地がサーフィンに近いため、サーファーのオフトレとしても利用されることも多いぞ。
海外ではビーチ沿いなどでのんびりロングスケートをしている姿をよく見かける。

ロングスケートボードの動画

ロングスケートボードはこんな人におすすめ!

ロングスケートボードは、激しいトリックよりも、まったりとスケーティングを楽しみたい人におすすめだ。
またサーフィンのオフトレーニングをしたい人にも選ばれている。
女性や大人にも人気が高いぞ。

良いところ
  • 安定性があり初心者でも乗りやすい
  • サーフィンのオフトレーニングに効果的
悪いところ
  • トリックには向いていない
  • 大きく持ち運びが面倒

ロングスケートボードの価格相場は?

スケートブランドのロングスケートボードは約3~5万円だ。
(ショート)スケートボードよりも高価になっています。

ロングスケートボードを探す

クルーザーボード

クルーザーボード

クルーザーボードの動画

クルーザーボードは、さまざまな場所を移動しながらスケートするクルージング向けになっているスケートボード。
PENNY(ペニー)というメーカーの商品のヒットで人気が高まり、見た目もポップでかわいいものが多い。
コンパクトなので持ち運びも楽で、気軽にスケートを楽しみたいときにも向いているぞ。

クルーザーボードはこんな人におすすめ!

クルーザーボードは気軽にスケートボードを楽しんでみたい人におすすめだ。
エキスパートスケーターにも、移動用やチルスケ用として使い分けるのもありだぞ!

良いところ
  • 滑走音が小さく荒れた路面にも強い
  • 耐久性が高く長持ちする
  • コンパクトなので持ち運びが楽
悪いところ
  • トリックをするのは難しい
  • 初心者には難しい

クルーザーボードの購入時の注意点とは?

スケートブランド以外のメーカーが発売するクルーザーボードも多く普及している。
見た目は同じでもノーブランド品は走行性能が大きく劣る
値段が安過ぎるものはやめておこう。

クルーザーボードの適正価格は?

正規のスケートブランドのクルーザーボードは約8千~1万2千円だ。
あまりに安価なものはやめておこう。

クルーザーボードを探す

まとめ

購入で迷ったら、やはり定番のショートスケートボード一択だ!
ショートスケートボードがあればスケーティングからトリックまで楽しむことができるぞ!

ページの先頭に戻る