スケーターなら知っておきたい!スケートボード用語集

スケーターなら知っておきたい!スケートボード用語集

10625 view コメント 0

更新 2020年10月5日

今回はスケートボード用語についてまとめてみました!
スケーターでなければ分からない言葉も多く是非覚えておきましょう!

トリック用語編

まずは、これからスケートを始める人はチェック必須のトリック用語を紹介します!

エアーキャッチ

エアーキャッチ

フリップなどのデッキが足から離れるトリックにおいて、空中にいる間に両足で回転しているデッキをキャッチすること。
これがキレイに決まれば非常にスタイリッシュになる。

エアートリック

エアートリック

クォーターやバーチカルなどを使いセクションから飛び出し空中で行うトリックの総称。
危険度はかなりますが爽快感は最高潮。

オーリー

オーリー

スケートボードに乗ったままジャンプするトリックのこと。
全てのトリックはこのオーリーから始まるといっても過言ではないくらい超重要なトリックになる。

オーリー足

オーリーをする時に、デッキを浮かせるためにデッキを擦り上げるノーズに向かってすりあげる足のこと。
オーリーをメイクするのにオーリー足の動作が最重要のポイントとなる。

オールドトリック

オールドトリック

80年代に主流となったトリックの総称。
現在のスピード感溢れるトリックに比べ、バランス感を重視したトリックが多い。
フリースタイルスケートでよく出てくる。

キック足

オーリー時などにデッキを浮かせるためにテールやノーズを蹴りつける足のこと。
メインでもスウィッチでもできるようになろう。

グラインド

グラインド

カーブやレールなどをトラック部分でライドするトリック。
ゴリゴリ感がたまらない。

グラブ

グラブ

空中でデッキをつかむテクニックのこと。
さまざまな種類がある。

シフティー

シフティー

トリックの流れの中で、別のトリックへ移行するテクニックのこと。

スライド

スライド

カーブやレールなどでデッキを滑らせるトリック。
使えるようになればセクションの活用が一気に広がる。

トランスファー

トランスファー

セクションを境にエントリーした方とは反対側へ移るテクニック。
トリックの正確性とバランス感覚を保つテクニックを必要とする。

ノーズボーン

ノーズボーン

オーリーなどの際にノーズを思い切り前に突き出すこと。
とてもスタイリッシュになるだけでなく高さも出る。

バックサイド

スケートボードに乗った時の背中側を指す言葉。
トリック名の前に付けることが多い。

フェイキー

メインスタンスとは反対にテールを前にして進むこと。
最初はトリックどころか進むことさえ難しい。

複合トリック

複数のトリックを組み合わせたトリックのこと。
組み合わせ方は無限大。

プッシュ

プッシュ

デッキに乗りながら地面を蹴って前に進むスケートの基本テクニック。
スケートボードはまずこれから始めよう。

フリップ

フリップ

デッキを表裏に回すトリック全般のこと。
回す向きなどでさまざまな種類に分けられる。

フロントサイド

スケートボードに乗った時のお腹側を指す言葉。
トリック名の前に付けることが多い。

マニュアル

マニュアル

どちらか片方のウィールだけで滑るテクニック。
バランス感覚が必要とされる。

リバート

リバート

元に戻すという意味で、一連のトリックの動作をもとに戻すテクニック。

ルーティーン

パークやストリートにおいて、トリックの組み合わせ方やセクションを使うの流れこと。
競技ではこのルーティーンの構成が重要になってくる。

セクション用語編

次は、スケートに欠かせないセクションについての用語を紹介します!

アール

アール

湾曲の形状のセクションこと。
またランプの湾曲部分を指すこともある。
初心者にとって昇って降りるだけでも難しい。

ウォール

ウォール

その名の通り壁のこと。
勢いがあれば垂直の壁もライドできる。
ウォーリーといったトリックでも使われる。

カーブ

カーブ

縁石のこと。
グラインド、スライド系のトリックに使われる。

ギャップ

ギャップ

ストリートなどでよく見られる隙間のこと。
小さい段差も指したりする。

キンク

キンク

ハンドレールのつなぎの部分。
キンクの部分があると難易度も危険度もかなり増す。

クォーター

クォーター

円の1/4となるアールセクションのこと。
パークにあるアールに多く見かける。

コーピング

コーピング

アールとプラットフォームとの接点になるパイプの部分のこと。
コーピングで、グラインドやスライドを行なうことができる。

コーン

コーン

工事現場などで使われている見慣れたカラーコーンのこと。
別名パイロン。
オーリー越えの練習に使われる。

スケートパーク

スケートパーク

スケートするための公園のこと。
あらゆるセクションが設置してあり思い切りスケーティングできる。
公共のものや民間のものがある。

ステア

ステア

階段のこと。
フリップなどで飛び降りると絵になる。
最初は低い段数から練習して徐々に高くしていこう。

ストリート

ストリート

街でのスケートをいう。
競技名としても使われていて、街中にあるハンドレールやステアを模したセクションで競われる。

スパイン

スパイン

突起という意味で、アールの背面を合わせたセクションのこと。
シンプルに乗り越えるだけでも中々難しい。

パイプ

パイプ

アールが一周した円のセクション。
ほとんど見かけることはない。

バーチカル

バーチカル

垂直という意味で、アール部分が垂直になっている大型のランプを指す。
Xゲームなどではバートという名前の競技種目になっている。
大きなエアーなど大迫力のスケートが展開される。

バンク

バンク

坂のように傾斜したセクションのこと。
勢い良く滑り上りオーリーすれば大きく飛び出すこともできる。
大きいものをディッチと呼んだりする。

パンプ

パンプ

波状になったセクションのこと。
一周回れるパンプトラックもある。

ピラミッド

ピラミッド

4方向をバンクで囲んだピラミッドのような形のセクション。
さまざまな角度からエントリーできる。

ハンドレール

ハンドレール

階段についている手すりのこと。
ストリートの映像ではとてもよく見かけるが、危険度も高いリスキーなセクション。

プール

プール

家庭にプールがあるアメリカでは、水を抜いた状態のプールをスケーティングしていた。
パークにおいてはボウルというセクションで再現されている。

フラット

フラット

平面のスペースのこと。
初心者はまず、フラットで基本テクニックを身に付けよう。

プラットフォーム

プラットフォーム

ランプやバーチカルなどのドロップインする上部の平らな部分。
ここで順番を待って待機することも。

ボックス

ボックス

箱型のセクションのこと。
大体どこのパークにも1つは置いてあり高さも長さも様々。
スライドやグラインドの基本練習に最適。

ボトム

ボトム

ランプやバーチカルなどの底のフラットな部分のこと。
ボトムの広さもさまざまで、ボトムが広いほうが初級者にも使いやすい。

ボウル

ボウル

地面にぽっかりあいた穴のようなセクションのこと。
全体がアールになっており、上級者になればスピーディーで激しいスケートを披露している。

マニュアル台

マニュアル台

マニュアルの練習に最適な低いボックスセクション。
オーリーで軽く飛び乗りマニュアルでライドしよう。

モヒカン

モヒカン

バンクtoバンクに設けられたレッジやレールを指す。
パークの中央に配置されていることが多い。

ランプ

ランプ

両側がアールになっているセクションのこと。
大きさによってミニランプやメガランプと呼ばれる。
ノンプッシュでスケーティングし続けることが可能。

レール

レール

棒状のセクションのこと。
丸レールや角レールがあり、地面に置かれたものはフラットレールと呼ばれる。
スライドやグラインドで使われる。

スケーター用語編

まずはスケーターならではのスケート用語を紹介します!

イメージ

自分の理想の滑りやスタイルを頭の中で思い描き想像すること。練習と同じくらい大切なことでもある。

大阪留め

前後のトラックのナット(ビス)を3本、3本で止めること。
締めが甘くなるのでおすすめはしない。

鬼プッシュ

鬼プッシュ

名前にように鬼のようにも全力でプッシュすること。長い直線などを思いっきりプッシュしよう。

グリッチョ

スケーター特有の言葉で捻挫と言う意味。しばらくスケートできなくなるので気をつけよう。

サブロク

サブロク

360度の略。サブロク系のトリックは必然的にデッキや体が一回転する難易度が高いものになる。

スキル

技という意味。スケーターではテクニックのレベルのことを言う。

SK8

スケートの読み方をもじってできた単語のこと。海外のスケート雑誌などでよく使われる。

スタイル

人それぞれスケーティングをする個性のこと。スケーターにとって1番大切なもの。自分のスタイルを確立していこう。

スポンサー

ショップやブランドがスケーターのサポートをすること。スポンサーがつくとデッキや洋服などを提供してくれる。

チーム

チーム

スケーター仲間やスポンサードされたスケーター達のグループ、団体のこと。国内外にたくさんのチームが存在する。

デモ

デモ

デモンストレーションの略。プロスケーターなどがパークのオープニングイベントなどで、人前でライディングを見せること。

ビデオ

ビデオ

読んで字のごとくビデオのこと。現在も撮影のことをビデオ撮りといったりする。

メイク

作るという意味。つまりトリックを作り上げる、成功させるということ。練習を積み重ねてメイク率をどんどん上げていこう。

ラジカル

ラジカル

過激という意味。80年代に多かったパンク色の強いスケーターのこと。この頃はパンクを聴くスケーターが多かった。

ご自由にコメントをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめコンテンツ

ページの先頭に戻る