【セクション編】スケーターが使うSK8用語集!

622 view お気に入り 1 コメント 0

update : 2018.05.19

パークにあるスケートをするために作られたセクションはもちろん、ウォールやステアなどの街中で見つけることもできるセクションを完全収録。
名前も知らずに使っていたセクションやこんなとこも使えるのかと新しい発見もあるかも!?

SK8用語一覧

スケートバッグ

アール(R)

ミニランプ、バーチカル、クォーターなどで見られる湾曲部分のこと。初心者にはかなり難しいので、昇り降りに慣れてからトリックに挑戦したい。

スケートバッグ

ウォール

壁のこと。オールドトリックなどでよく使われる。ストリートではどこにでもあるセクションなので挑戦してみよう。ただし、壁は壊さないように。

スケートバッグ

カーブ

パークなどにあるボックス型の段差やストリートの花壇などで見られる縁石のこと。
グラインド、スライド系のトリックに活用できるセクション。

スケートバッグ

ギャップ

ストリートなどでよく見られる縁石や花壇などの低い段差のことをいう。普通に降りないで、高さの出るオーリーなどで降りるとかっこいいぞ。

スケートバッグ

キンク

ハンドレールのつなぎの部分。ハンドレール使ったトリックでキンクの部分があると難易度も危険度もかなり増す。初心者には敷居が高いセクション。

スケートバッグ

クォーター

円の1/4、つまりバーチカルを半分にしたようなセクションのことをいう。
R初心者が、R面に慣れるためにはもってこいのセクション。

スケートバッグ

コーピング

ランプやクォーター、バーチカルなどでRとプラットホームとの接点になるパイプの部分のこと。ここでスライド、グラインド系のトリックを行なう。

スケートバッグ

コーン

工事現場などで使われているパイロンのこと。
スケーターのスポットでは誰がどこから持ってきたのか分からないが、見かける事が多い。

スケートバッグ

スケートパーク

スケートをするために作られた場所。あらゆるセクションが設置してあり、大会なども開かれる。
最近では市営のパークも作られているので、ルールを守って使用しよう。

スケートバッグ

ステア

階段のこと。ここで豪快なトリックを決められるとかっこいい。低い段差で練習して、徐々に高くしていこう。

スケートバッグ

ストリート

街のこと。街で滑ること。競技としても成り立っていて、ミニランプやバーチカルと比較してよく使われる。
人の迷惑にはならないように滑ろう。

スケートバッグ

スネーク

大きさの違うボールが連なっているようなセクションのこと。日本では山梨県にあるコンバーススケートパークで楽しむことができる。

スケートバッグ

ディッチ

バンクの別名、またはバンクのさらに角度が急になり、長くなったセクションのこと。
スケボーのトリック撮影時によく出てくる。

スケートバッグ

パイプ

丸い棒状セクション。スライド、グラインド系のトリックで使うことが多いが、オーリーやフリップで飛び越えることもある。ストリートでも見つけることができる。

スケートバッグ

バーチカル

垂直という意味。ミニランプの巨大なものでRの上部が垂直になっている。
高さが出る分危険度はかなり増す。競技の種目名でもある。

スケートバッグ

バンク

傾斜のあるセクションのこと。バンクが両面についている。
バンクtoバンクや、片側がクォーターになっているバンクtoRなどもある。

スケートバッグ

ハンドレール

階段についている手すりのこと。スライド、グラインド系のトリックでよく使われるセクション。
ストリートでも見つけられるが、危険度はかなり高いので要注意。

スケートバッグ

ファンボックス

パイプなどが施されグラインド、スライド系を楽しみやすい箱型のセクションのこと。
大体どこのパークにも1つは置いてあり、高さも長さも様々。

スケートバッグ

プール

泳ぐプールの水を抜いた状態のコンクリートをスケーティングしていたためこう呼ばれるが、実際はパークなどでスケート用に作らてれいる。

スケートバッグ

フラット

平面の場所のこと。路面の良いコンクリートの場所で、あらゆるトリックをマスターしてから、カーブやクォーターなどを使ったトリックに挑戦しよう。

スケートバッグ

プラットホーム

ランプやバーチカルなどの上部の平らな部分。ランプなどではここからドロップするために順番を待っている場所のこと。
きちんと順番を守ってインしよう。

スケートバッグ

ボトム

ランプやバーチカルなどのR面に挟まれた1番低いフラットな部分のこと。少しでも傾斜がつくとそこはボトムと呼ばず、R面になる。

スケートバッグ

ボール

地面にぽっかりあいた穴のようなセクションのこと。全体がR面になっているのでランプと同様のトリックはもちろん斜面を滑って楽しむこともできる。

スケートバッグ

ミニランプ

バーチカルよりも緩やかな角度のRのセクション。
エアートリックはもちろん、コーピングの部分でスライド、グラインド系のトリックができる。

スケートバッグ

レール

四角い棒状のセクションのこと。スライド、グラインド系のトリックにおいて、丸いパイプよりもカーブに近い感覚がありバランスがとりやすい。

関連ページ

コメント(まだコメントはありません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめコンテンツ

ページの先頭に戻る