パワースライド

POWER SLIDE

21749 view コメント 0

更新 2020年8月15日

難易度
習得目安期間 1年
習得しておきたいトリック
分類

パワースライドとは?

パワースライドは、ウィールを滑らせブレーキングを掛けるテクニックです。
車でいうドリフト走行に似ているとイメージをすれば分かりやすいかもしれません。
体全体を使うダイナミックな見た目のテクニックとなります。
上手くなれば思いっきりウィールをスライドさせる感覚が気持ち良くくせになるでしょう。
坂を下るダウンヒルの時のスピード減速にも使われます。
基本テクニックとしていますが、スケボーをコントロールできていないと中々できない難しいテクニックとなります。

パワースライドの種類

お腹側を進行方向に向けるパワースライドは、F/S(フロントサイド)パワースライドで、逆に背中側を進行方向に向けるパワースライドは、B/S(バックサイド)パワースライドとなります。

パワースライドのやり方

まずはプッシュで、速いスピードで勢いよく走行します。
スタンスを広めに構え、狙いをつけたら一気にテールを押し出しデッキを横に向けましょう。
両足でデッキを押し出すようにし、体勢を崩さないようにバランスをキープしましょう。
スピードが落ちてきたら、完全に止まってしまう前にノーズを進行方向へ戻しましょう。
ここでバランスを崩しやすいが耐え切れば成功です。

パワースライドのコツ

パワースライドのコツは「瞬間的な体重移動」です。
怖がらずに思い切り、一連の動作を瞬時にやることが必要です。
デッキを横に向けるときは「キレ」を意識し、瞬時に重心の移動を行うようにしてみましょう。

路面やウィールによってはできない!?

パワースライドは、路面やウィールによって非常に影響されるテクニックになります。
滑らかではない路面や、ラバー性のグリップ力の強いウィールでは、どんなに技術があってもできません。

パワースライドについてのQ&A

どういう時に使うんですか?

ブレーキングとして使えるので、止まったり、減速したりする時に使えるテクニックです。
また、猛スピードからロングレンジのパワースライドなど見た目にもかなり迫力あるスケーティングができます。

パワースライドではなくターンになってしまいます・・・。

デッキを横にするスピードが遅いとただのターンになってしまいます。
勢いをつけてビビらずに一気に押し出しましょう!

スライド後にデッキを戻すことができません・・・。

減速し過ぎてしまうと戻せなくなります。
パワースライドに入る前から、体勢を戻すことを意識して練習してみましょう。

パワースライドのHOW TO動画

ここではパワースライドのおすすめの解説動画をご紹介します!

分かりやすい解説動画です。

最新の動画です。

人気の解説動画です。

パワースライドのかっこいい動画

パワースライドコンテストの映像!

ステップアップで見ていく

こちらのトリックもおすすめ

ご自由にコメントをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめコンテンツ

ページの先頭に戻る