スケートボードトリック

バックサイド テールスライド

BACKSIDE TAIL SLIDE

4094 2018.05.31 2021.6.9

バックサイド テールスライド

難易度
習得目安期間 3年以上
習得しておきたいトリック

フロントサイド ボードスライド

バックサイド180 オーリー

バックサイド テールスライドとは?

B/S(バックサイド)テールスライドは、バックサイド(背中側)にあるセクションへアプローチし、テールを差し込むように掛けてスライドするトリック。
通称バックテールと呼ばれる。
デッキを掛けるだけでもかなり難しく、長い距離をスライドさせるにはかなりのバランス感覚が必要だ。
スライドトリックの中では、上級スケーターになれるかどうかの登竜門となるぞ。

バックサイド テールスライドのHOW TO動画

ここではバックサイド テールスライドのおすすめのHOW TO動画を紹介しよう!

日本のプロスケーターによるHOWTO動画。

B/S テールスライドのやり方

1.スピードを付けて、バックサイド側のセクションへ並走してアプローチする
2.バックサイドオーリーの要領でオーリーで90度回転して飛ぶ
3.テールをセクションへ掛け、スライドさせるように押し込む
4.体を固定し、スピードが落ちるまでスライドをキープする
5.スピードが落ちてきたら、体のひねりを戻しアウトする

B/S テールスライドのポイント

B/S テールスライドのポイントは、「視線」。
視線は常にスライド部分のカーブを見ておこう。
こうすることで、体が自然とひねりを加えた状態になり、スムーズなアウトにつながるぞ。

B/S テールスライドの練習方法

B/S テールスライドの練習方法としては、まずはしっかりとB/S180オーリーをマスターしておこう。
次に、カーブに真っ直ぐエントリーし、B/S180オーリーでテールを掛ける練習をしよう。
これが完璧になったら徐々にエントリー角度を斜めにしていき、スピードを上げていけば自然とスライドするぞ。

FAQアドバイス

掛けれましたが滑りません・・・。

スライドさせるときに、テール足のつま先でデッキを押し込むようにしよう。

メイク動画

バックサイド テールスライドのかっこいいメイク動画を紹介しよう!

フェイキーアウトだ!

ページの先頭に戻る