スケートボードトリック

チックタック

TIC TACS

21899 2018.06.02 2021.6.6

チックタック

難易度
習得目安期間 1週間
習得しておきたいトリック

プッシュ

ターン

チックタックとは?

チックタックは、左右にデッキを振り降ろしながら前に進んでいくテクニック。

プッシュターンができるようになれば挑戦してみよう。

スケートに慣れるためにはうってつけのテクニックで、習得できたころにはボードコントロールはかなり上達しているぞ。

スケートボード未経験者から見れば、それだけでも凄いと思われるテクだ。

フリースタイルのスケーティングでは、多くのトリックのベースとなる。

チックタックのHOW TO動画

ここではチックタックのおすすめのHOW TO動画を紹介しよう!

人気のHOWTO動画。

人気の解説動画。

チックタックのやり方

1.止まった状態から前側の足はノーズ側のビスの上に、後ろ足はテールに置く。

2.両腕を広げて一度しっかりスタンスを整える。

3.上半身を先にヒネるように動かし、その後デッキを軽く持ち上げて振りおろす。

4.反動を付けて逆側にまた上半身から振っていく。

5.この動作をリズムよく繰り返えせば、後ろのウィールが転がり、それに前に押し出す力が加わり自然に進み出す。

6.名前のように”チックタック”とリズムよく「時計の振り子」のようにデッキを動かしていこう。

チックタックのコツ

チックタックのポイントは、「上半身と下半身のひねり」だ。
上半身と下半身は常に左右交互となるように重心を移動させてみよう。
お互いが戻ろうとする動きを活用する。

FAQアドバイス

まさかの後ろに進んでしまいます・・・。

慣れないうちは後ろに下がってしまうこともある。
それでも構わないので、まずはデッキから落ちないようにして繰り返し練習してみよう。

スピードが出ません・・・。

いくら素早く動作を繰り返したところでも、1回1回の振り幅が狭いと大して加速しない。
大きく左右に振るように意識してみよう。

ページの先頭に戻る