スケートボードトラックの選び方・人気ブランド完全解説

236 view お気に入り 0 コメント 0

update : 2018.05.16

トラック

トラック(TRUCK)とはウィールとデッキをつなげる金属製の部品のこと。
グラインドトリックにおいても欠かせないものとなる。 単純な見た目だが、それぞれ細かい部品で形成されていてる。
背の高さや幅、重さがブランドによって異なり、軽くて耐久性のあるものがよいとされる。

トラック各部の名称

トラック各部の名称

ハンガー

ハンガーはグラインドトリックをする際に当てて削られるトラックの腹となる部分。 曲がれるように左右に傾く。 ブランドやモデルによって素材や形状が異なり、グラインドの体感も変わってくる。

サイドナット

サイドナットはウィールをつなぎ止める部品。
トラックの腕のようなもの。

シャフト

シャフトはハンガーの中心を通っている車軸でウィールを取り付ける部分。

キングピン

キングピンとはトラックの背骨にあたる支柱部分。
ブッシュゴムを留める役割を果たす。オーリーなどの着地時の衝撃もキングピンが支える。

ブッシュゴム

ブッシュゴムとはトラックの柔らかさをコントロールする部品。 ブッシュの硬さもブランドによって様々。主に硬いと安定し柔らかいと動きやすい。

カワプッシャー

カワプッシャーとはブッシュを補助する部品。
カーブのときなどにブッシュゴムが潰れ形状を維持するのに必要な地味だが大切な部品。

ベースプレート

トラックの土台となる底板部分。
ビスでデッキとつなぎ合わせる。最近は身抜きにして軽量されている。

トラックの選び方

トラックの選び方を解説しよう。
トラックは基本同じ規格で作られているので、どんなモデルでも取り付けは可能。

滑りのスタイルに合わせてHIGHかLOWを選ぶ

滑りのスタイルに合わせてHIGHかLOWを選ぶ

トラックの種類にはベースプレートからサイドナットまでの高さが、高めのHIGH(ハイ)タイプと、低めのLOW(ロウ)タイプがある。
それぞれ自分の滑りの特長によって選ぼう。

HIGH(ハイ)のトラックの特徴
メリット 大きいウィールが接合できるので、バーチカルなどのセクションで大きなウィールを使うときに最適。
高低さがあり、高いオーリーが可能になる。
デメリット 重くなるのでデッキコントロールが難しく、細かいトリックや回し技には不向き
LOW(ロウ)トラックの特徴
メリット 軽く回し技がやりやすい。高低差が少なく、デッキコントロールがしやすい。
デメリット 大きいウィールだとデッキとぶつかることも。HIGH程オーリーは高くならない。

トラックの価格はいくらぐらい?

スケートブランドのトラックの価格は6千円~1万円くらいだ。

おすすめスケートトラックブランド!

SK8Naviおすすめのトラックブランドを紹介しよう。

THUNDER(サンダー)

THUNDER(サンダー)

THUNDER(サンダー)のトラックは軽くて曲がりやすく乗り心地がよい。
ストリートスケーターには抜群のパフォーマンス効果を発揮するだろう。

VENTURE(ベンチャー)

VENTURE(ベンチャー)

安定性が高く、頑丈なVENTURE(ベンチャー)のトラック。
初心者やエアー系スケーターには最適だ。

INDEPENDENT(インディペンデント)

INDEPENDENT(インディペンデント)

トラックを代表するブランドのINDEPENDENT(インディペンデント)。
重厚かつ安定したタイプから、最新素材の軽量タイプまで幅広く展開する。

トラックを展開する人気スケートブランド

まとめ

以上がスケートボードトラックの解説だ。
トラックはスケートボードのアクションを大きく左右する重要なギア。
交換の頻度は低いが、しっかりとメンテナンスをしておこう。

関連ページ

コメント(まだコメントはありません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめコンテンツ

ページの先頭に戻る