スケートボードウィールの選び方・人気ブランド完全解説

274 view お気に入り 0 コメント 0

update : 2018.05.16

トラック

ウィール(WHEEL)とはスケートボードのタイヤの部分のこと。
元々は鉄や木製のものだったウィールが現在はプラスチック性になっている。
ただ、硬さや大きさなどは幅広く違う。硬いものは滑りやすいことからストリート向きで、軟らかいものはグリップ力に優れ、クルージングやスラロームに向いる。
基本的にショートスケートボードは硬く小さめで、クルーザーボードやロングボードは柔らかく大きいものが主流だ。

ウィールの選び方

トリックやセクションによって直径サイズを決める

ウィールを選ぶ際に、まず基本となるのが直径サイズ。
スピードを出したい人は伸びの出るサイズの大きいウィールを、複雑なトリックをしたい人は軽い小さいウィールを選ぶのがおすすめだ。

トリックやセクションによって直径サイズを決める

ウィールの直径サイズ 特徴
~53mm 小さめ。軽いので回し系トリックがやりやすい。スピードは遅くなる。
53mm~57mm バランス型。
57mm~ 大きめ。重くなるので回し系のトリックはやりにくくなる。スピードが速い

トリックやセクションによって横幅サイズを決める

ウィールを選ぶ際に、横幅サイズ(太さ)もポイントになる。
太いものは着地が安定するので、バーチカルやステアなど着地の衝撃が大きいトリックに向いている。
横幅が細いものは軽量になる分、細かいトリックがやりやすいです。

トリックやセクションによって横幅サイズを決める

ウィールの横幅サイズ(太さ) 特徴
太め 着地の安定感が増すが重くなる。ランプやバーチカルなどではおすすめ。
細め 着地の安定感が減るが軽くなる。ストリートスケートではおすすめ

スタイルや環境によって硬さを決める

ウィールには硬さは、ライディングにも差が出てくる。
硬さの単位はAであらわされる事が多く、標準的な硬さは99-Aくらい。
数値が高くなるほど硬くなる。

硬さ 特徴
99-A以下 やわらかめ。グリップ力が増すので着地の安定性がある。衝撃に強いので、荒れた路面の影響も少ない。
99-A以上 硬め。硬い分よく板をはじくので回し技がやりやすい。パワースライドもやりやすいのでトリック向き。

ウィールの価格はいくらぐらい?

スケートブランドのウィールの価格は3千円~7万円くらいだ。

おすすめスケートウィールブランド!

SK8Naviおすすめのウィールブランドを紹介しよう。

bones(ボーンズ)

bones(ボーンズ)

スケートウィールを代表するブランドのbones(ボーンズ)。
軽くて柔軟な乗り心地は抜群のパフォーマンス効果を発揮してくれる。

SPITFIRE(スピットファイヤー)

SPITFIRE(スピットファイヤー)

少し高いがすごく良いといえるSPITFIRE(スピットファイヤー)のウィール。
丈夫で滑らかな同ブランドの製品はまさに最高峰の性能。

mini logo(ミニロゴ)

mini logo(ミニロゴ)

グラフィックをシンプルにすることでコストカット商品を展開するmini logo(ミニロゴ)。
安く購入できるが、一流スケートメーカーのラインブランドでありその品質も確かだ。

ウィールを展開するスケートブランド

まとめ

以上、ウィールについての解説だ。
ウィールはスケーティングの快適さに大きく関わってくるパーツだ。
さまざまなタイプを試して自分に合うものを見つけよう!

関連ページ

コメント(まだコメントはありません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめコンテンツ

ページの先頭に戻る