ウィールの最適な選び方とおすすめブランド解説!

13045 2018.05.16 2021.6.1
ウィール

スケートボードのウィールについて初心者にも分かる選び方やおすすめの定番人気スケートブランドを解説していくぞ!サイズや幅、硬さで乗り心地が変わってくるため自分に合ったものを選ぼう!

ウィールとは?

ウィールとは?

ウィール(WHEEL)スケートボードのタイヤの部分のこと。
主にプラスチックやゴム素材でできている。
硬さや素材、大きさなどにより乗り心地が大きく変わる重要なギアだ。

ウィールの選び方

ここからはウィールの選び方を解説していくぞ!

"直径サイズ"を選んでみよう!

ウィールを選ぶ際に、まず基本となるのが直径サイズdだ。
直径サイズはスケートスタイルによって決めよう!
ウィールが大きくなるほどスピードが出やすくなり、小さくなるほど細かな動きがとりやすくなるぞ。

トリックやセクションによって直径サイズを決める

~53mm 小さめ。軽いので回し系トリックがやりやすい。スピードは遅くなる。
53mm~57mm バランス型。
57mm~ 大きめ。重くなるので回し系のトリックはやりにくくなる。スピードが速い

"横幅サイズ"を選んでみよう!

横幅サイズ(太さ)もひとつのポイントです。
太いほど着地が安定するので、バーチカルやステアなど着地の衝撃が大きいトリックに向いています。
細いほど軽量になる分、回し技などがやりやすくなります。

トリックやセクションによって横幅サイズを決める
太め 着地の安定感が増すが重くなる。ランプやバーチカルでおすすめ。
細め 着地の安定感が減るが軽くなる。ストリートスケートでおすすめ。

"素材や硬さ"を選んでみよう!

ウィールの素材や硬さでスケーティングのパフォーマンスは大きく変わる。
一般的にはプラスチック製のウィ-ルが主流だが、クルージング向けにしたい場合はゴム製のウィールが向いている。
硬さの単位はAで表され、数値が高くなるほど硬くなり標準的な硬さは99-Aくらいになるぞ。

99-A以下 やわらかめ。グリップ力が増すので着地の安定性がある。荒れた路面でも滑る
99-A以上 硬め。硬い分よく板をはじくので回し技がやりやすい。パワースライドもやりやすいのでトリック向き

ウィールの価格はいくらぐらい?

スケートブランドのウィールの価格は3千円~7万円くらいだ。

おすすめの人気ウィールブランド3選

ウィールで人気の高いおすすめスケートブランドを紹介していこう!
ウィールを購入する際の参考にしてほしい。

SPIT FIRE(スピットファイヤー)

SPITFIRE(スピットファイヤー)

SPITFIRE(スピットファイヤー)」は、スケートウィールを代表するブランドだ。
業界最高といえる品質で"少し高いがすごく良い"ウィールを展開している。

BONES(ボーンズ)

BONES(ボーンズ)

BONES(ボーンズ)」は、ベアリングでも有名なブランドだ。
柔軟で乗り心地抜群のウィールはスケーターに支持されている。

MINI LOGO(ミニロゴ)

MINI LOGO(ミニロゴ)

MINI LOGO(ミニロゴ)」は、コストパフォーマンス抜群のスケートブランドだ。
デザインをシンプルにすることで高品質ながら低価格なウィールを提供している。

ウィールを展開するブランド一覧

まとめ

ウィール次第でスケーティングの快適も大きく関わってくる。
さまざまなタイプを試して自分に合うものを見つけよう

ページの先頭に戻る