バックサイド 50-50グラインド

B/S 50-50 GRIND

2159 view コメント 0

更新 2020年8月22日

難易度
習得目安期間 2年~3年
習得しておきたいトリック
分類

バックサイド 50-50グラインドとは?

バックサイド 50-50グラインドは、バックサイド(背中側)にあるセクションにエントリーし、前後のトラックでグラインドさせるトリックです。
読み方は”フィフティーフィフティー”グラインドです。
これがマスターできれば、いろいろなセクションでグラインドを楽しむことができます。
フロントサイド 50-50グラインドより背面にアプローチするので若干難しくなります。

バックサイド 50-50グラインドのやり方

軽くオーリーができるようなスタンスに整えます。
背中側のセクションへ適度な速度でアプローチします。
軽くオーリーし、トラックをセクションの角に掛けます。
バランスを取りながら姿勢をキープしグラインドします。
スピードが落ちてきたら、軽くオーリーするように跳ねてアウトします。

バックサイド 50-50グラインドのコツ

バックサイド 50-50グラインドの失敗パターンは、前後どちらかの片方のウィールが掛からないケースがとても多いです。
体が開かないように意識し、体をセクションに対し平行になるようにしましょう。
またほんの少し後方のデッキから掛けるようにすれば、スムーズにエントリーできます。

バックサイド 50-50グラインドについてのQ&A

片方のトラックが外れてしまいます・・・

トラックが掛かれば、かかとに重心を落とすようにしてみましょう。

バックサイド 50-50グラインドのHOW TO動画

ここではバックサイド 50-50グラインドのおすすめの解説動画をご紹介します!

分かりやすいHOWTO動画です。

分かりやすい解説動画です。

バックサイド 50-50グラインドのかっこいい動画

キンク付きハンドレールでのメイク!

ステップアップで見ていく

こちらのトリックもおすすめ

ご自由にコメントをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめコンテンツ

ページの先頭に戻る