ヒールフリップ

HEEL FLIP

5303 view コメント 0

更新 2020年8月20日

難易度
習得目安期間 2年~3年
習得しておきたいトリック
分類

ヒールフリップとは?

ヒールフリップは、デッキをお腹側に裏表1回転させるトリックです。
キックフリップと並び定番となる代表的な回し系トリックです。
キックフリップと同時に練習することで、偏った癖をなくすことがきでます。
お腹側に回転させるので、レギュラー目線だと右回転、グーフィー目線だと左回転とになります。
キックフリップとは逆の回転になります。

ヒールフリップの動きとスタンス

ヒールフリップの動き ヒールフリップのスタンス

ヒールフリップのスタンスは、ノーズ足はビス辺りにやや前にややつま先側に置き、キック足はテールの先端に置きましょう。
オーリーより広めのスタンスでもOKです。
かかとをデッキに引っ掛けて蹴り抜くので、デッキのよりつま先が少し出る形がやりやすいですが、自分の一番抜きやすい位置で構いません。

ヒールフリップのやり方

上記の動画を参考にヒールフリップのやり方を解説していきます。

①スタンスを整え腰を落として力をためる

①スタンスを整え腰を落として力をためる。

スタンスを整えて、飛び上がるためにやや腰を落として力をためます。

②テールを蹴ってノーズを擦り上げる

②オーリーと同じように、テールを蹴ってノーズを擦り上げる。

オーリーと同じように、テールをキックして前足でノーズを擦り上げデッキを持ち上げます。

③足首のスナップを使ってかかとでデッキを蹴り抜く

③足首のスナップを使ってかかとでデッキを蹴り抜く。

前足のかかと辺りを使って斜め前にデッキを蹴り抜きます。
蹴り抜くときは足首のをスナップを使ってすばやく回すのがポイントです。

④しっかりと両足を上げて、デッキの回転を見る

④しっかりと両足を上げて、デッキの回転を見る。

蹴り抜いたら足がデッキにぶつからないように両足を広げて持ち上げます。

⑤タイミングよく両足同時にキャッチする

⑤タイミングよく両足同時にキャッチする

デッキが1回転したところで両足同時にデッキをキャッチします。
できるだけ空中の高い点でキャッチできるほどスタイリッシュです。

⑥体勢をキープしたまま着地する

⑥体勢をキープしたまま着地する

そのまましっかりとデッキを捕まえたままおさえ込むようにして4輪同時に着地します。
スピードが落ちなければ完璧です。

ヒールフリップのコツ

回すのに苦戦している人は、飛んだ後に少しお腹側に移動するようなイメージで一度やってみてください。
また、デッキがななめになってしまう場合はノーズをおさえるような意識で前足を抜いてみてください。

ヒールフリップについてのQ&A

デッキが全く回らないのですが・・・。

ヒールフリップは抜き足の動きがポイントです。
デッキを足に引っ掛けるイメージでやってみましょう。

デッキが回りすぎてしまいます・・・。

デッキが1回転以上回ってしま場合は、スタンスを広めにとって真っ直ぐ足を抜くようにしてみましょう。

デッキは回るけど、乗ることができません・・・。

デッキが常に自分の真下にあることを心がけましょう。
また回転させるタイミングを遅らせてもいいかもしれません。

できるようになりましたが高さが出ません・・・。

高さが出ないのは蹴り抜くタイミングが早いためです。
できるだけオーリーで高い位置までキープしてからフリップさせましょう。

ヒールフリップのHOW TO動画

ここではヒールフリップのおすすめの解説動画をご紹介します!

非常に分かりやすいヒールフリップの解説動画です。

プロスケーターによる解説です。

ヒールフリップのかっこいい動画

ヒールフリップのベスト動画集!

ステップアップで見ていく

こちらのトリックもおすすめ

ご自由にコメントをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめコンテンツ

ページの先頭に戻る